ここならみつかる

生活の役にたつ情報をランダムにお届けしています

カテゴリー

敬老の日

敬老の日にふさわしいお花の鉢植えは?りんどうや菊はあげてもいい?

2017/09/16

敬老の日のプレゼントにおばあちゃん、おじいちゃんには、どんなお花をあげたらいいか悩みますよね。

敬老の日には実は「鉢植え」もおすすめです。

というのも、切り花は一本だけで何百円もするものもありますが、鉢植えだったらたくさんお花も咲いて、それでいて数百円から売っています。

そして花瓶のお花よりはずっと長持ちなのでお得なんです。

ということで今回は、元お花屋さんの筆者が、敬老の日にあげて喜ばれる鉢植えについてご紹介しますね。

スポンサードリンク

敬老の日にふさわしい花の鉢植えは?

おばあちゃん、おじいちゃんに、鉢植えのお花のプレゼントはぴったりです。

鉢植えを買う場所はホームセンターでもいいですよ。

でも相談しながら買いたい人は、近くのお花屋さんにいくのがおすすめ。

店頭には、秋から冬に咲くお花がいっぱい売っていますので、売り場の人と相談して室内でも長持ちするお花をきいてみてください。

苗として売られているお花のなかには、庭に植えないといけないものもあります。

祖父母が庭いじりが好きなら、もちろんガーデニングで植えるための苗を買ってもいいのですが

そうでない場合は、おうちの中でも長く咲いていられるお花がよいでしょう。

玄関やリビングや、おばあちゃんやおじいちゃんがいつもいる場所においてもらえるようなものを選んでください。


スポンサードリンク

敬老の日にふさわしい花の色は?

ところで敬老の日というと、どんな色を思い浮かべますか?

茶色とか緑とか白とか・・・・落ち着いた「和」の色がいいかな・・・なんて思いませんか?

実は、おとしよりは明るい色のお花が大好きです。

誰でも明るい色の花は好き、ということもありますがw

お年を召してくると、見えにくくなる色というのがあるのですが、知っていましたか?

おばあちゃんやおじいちゃんは、若い人のように物がはっきり見えてないことがあります。

そういうのを色覚低下といい茶色やグレーや青、紺、青紫など、ちょっと「渋め」の色が「黒っぽく」見えてしまうのだそうです。

逆にお年寄りが好む色と言うのもあって、

ピンク、黄緑、オレンジ、水色、明るい青紫、明るめのエメラルドグリーン

などが喜ばれるんですね。

なので、敬老の日=渋い色

という風にお花を選ぶのではなく、明るくぱっと見やすい色のカラフルなお花が敬老の日にはおすすめなんです。

 

敬老の日にりんどうの鉢植えはふさわしい?

敬老の日でお花を検索すると「りんどう」というお花が検索結果にでてきて、何だろう?と思うかも知れません。

りんどうは、切り花としても売っていますし、鉢植えに入ったものも売っていますが、

実は敬老の日にはおすすめのお花のひとつです。

りんどうのお花は、とても種類が多くて、野生でも咲いているんですよ。

敬老の日には、りんどうの典型的な「青紫色」の鉢でももちろんいいのですが、明るめのめずらしい品種がおすすめです。

 

楽天市場から

白と青紫が二色になったこの品種は、「白寿」という名前が付けられています。

白寿というのは99歳のお祝いのことで、名前もおめでたく、「おばあちゃん、おじいちゃん、これからも元気で長生きしてね」とメッセージをこめるにはピッタリなお花なんです。

りんどうにはこのほかにも、代表の「青紫」のもの、ピンクの愛らしい花がつくもの、淡い紫色など色々な色が選べます。

おばあちゃん、おじいちゃんが喜びそうな色を自分で選んであげてください。

ただりんどうは、ひとつだけ注意したい点があります。

それは中には、お花が蕾のまま開かないタイプもあるということです。

不思議なのですが、そういう種類なのです。

お花屋さんだったとき、これをちゃんと説明しないと「花がひらなかった!」とあとで言いにこられるお客さんもいらっしゃいました^^;。

でも買うお店で聞けば教えてくれますので、お花が開かないで枯れちゃった・・・・とおじいちゃん、おばあちゃんががっかりしないためにも、お花が開かないものを選んだ場合には、開かないよ~と一言教えてあげるといいかも知れませんね。

 

スポンサードリンク

菊は敬老の日にあげてもいい?

菊というと、先読みしてお年寄りにはあげたら不吉なものとして受け取られるんじゃないかと心配になる人もいますよね。

確かに菊というと「仏花」というイメージが強いですし、スーパーの店頭でスタンドに入って売られている切り花の菊は、間違っても敬老の日用にあげないほうがよいですがw

菊にも実にたくさんの種類があり、私もとても好きなお花のひとつなんです。

というのも、「菊」と呼ばれる品種のなかには、とてもカラフルで香りのよいものがたくさんあり、仏花のイメージはまったくありません。

海外では華奢で豪華で、比較的値段も安い菊の鉢植えはとても人気のある贈り物なんですよ。

花びらの色が濃いピンクと白い色とか、オレンジと黄色など、二色になっているものは、甘いよい香りもしますし、お年寄りに喜ばれます。

大輪の菊とは違い、花がこぶりで一本の茎が細かく枝分かれして花がたくさんついているタイプを「スプレー菊」といいますが

スプレー菊はかわいくラッピングをすると花自体にボリュームがあるため、安い予算でもたいへん見栄えがよくなるので、そういった面でもおすすめなんですね。

 

スプレー菊(楽天市場)

 

カランコエが敬老の日にぴったりな理由

実は私の一押しが、「カランコエ」というお花です。

カランコエも色々な品種はあるのですが、いずれも多肉の植物で、お花がかわいい品種も花びらをよく見ると厚みと光沢があります。

カランコエは菊やりんどうの鉢植えに比べると生命力が強いです。

だから、うっかり水やりをしばらく忘れちゃった~

とか

水をやりすぎちゃった~

とか、

普通の鉢植えのお花なら枯れてしまうような状態にさらされても、あんがい強く生き残ってくれるため、

鉢植えの植物のお手入れがあまり上手にできないおじいちゃん、おばあちゃんでも長くお花を楽しめるんです。

カランコエのお花ひとつひとつはとても小さいのですが、密集してお花をつけるため、多肉なのに繊細なイメージがあります。

乾燥にも水のやりすぎにもある程度強いということと、

ピンク、白、オレンジ、赤、黄色など、色が豊富にあるということで、敬老の日に気軽にプレゼントできるお花です。

 

 

 

敬老の日に鉢植えは?のまとめ

敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしたい鉢植えのお花のおすすめを紹介しましたが、これにしなくてはいけない!ということではありません。

お店に行ってみて、自分が気に入ったお花を選んでもちろん大丈夫ですし、

孫が自分のために選んでくれたお花をもらって嬉しくないおじいちゃん、おばあちゃんはいませんので、

鉢植えのお花を買うのがはじめてでも心配することなく、自分の好きなものを選んで大丈夫ですよ。

そのときに、家の中で長く咲いていてくれるお花かどうかはお店の人に確認してくださいね。

お花屋さんで買うんだったら、かわいくラッピングもしてくれるはずですからリクエストしてください。