ここならみつかる

生活の役にたつ情報をランダムにお届けしています

カテゴリー

ホワイトデー

彼女にあげる花のプレゼントおすすめと相場は?花の買い方と選び方

2017/07/26

男の人にとって、お花を買うというのはなかなか勇気がいるものです。

どんな花を
どれくらいの値段で
どうやって注文して
といったことはなかなか分からないですよね。

今日はホワイトデーや誕生日など彼女の記念日で渡す花のデザインなどについて選び方を中心にお話します。

どうぞお役立てください!

 

スポンサードリンク

ホワイトデーや誕生日で彼女にあげる花のプレゼントおすすめは?

ボックスに入ったフラワーアレンジメント

ボックスに入ったフラワーアレンジメント

 

では最初に質問です。

彼女は一人暮らしでしょうか、それともご両親と同居?

花のギフトって、いろんな形があって、

○ 一人暮らしで花瓶は持っている?

ということをまず考えてあげてください。

実家だったら花瓶については問題はないでしょう。

ですが一人暮らしの場合、もしかしたらコップくらいしか花を生けるものがなかったりするときもあります。

 

一人暮らしの彼女にあげる花のプレゼントのオススメは

ということで、もし花瓶がないかも知れないという場合には、花の入れ物まで考えましょう。

そのため選択肢は以下のようになります。

 

1.花瓶つきの花束をあげる

これだと、持ち歩きが不便ですからもっぱら配達用となります。

もしも当日会えないなどの事情でお花を配達してもらおうと考えているのであれば、お花が乾く心配もいらない花瓶つきは選択肢に入れてもよいでしょう。

彼女もひとつ花瓶を持っていたら、次回あなたから花束のプレゼントをもらっても飾るのに困りませんね。

 

2.吸水ゼリーに入った花束を選ぶ

エコゼリーと呼ばれる特殊なゼリーの中に花の根元を入れますので、お水をあげる必要がない上、持ち運びももちろんできます。

大きなお花屋さんではたいがい扱っていますから、お店に行く前にエコゼリーがあるかどうか聞いてみてください。

 

3.フラワーアレンジメントをあげる

フラワーアレンジメントというのは、吸水性の高い花専用のスポンジにお花を挿して

バスケットや、ギフトボックスにかわいく飾ったもので、花瓶に移し変える必要はありません。

定期的にスポンジが乾く前に水を足してあげるだけで、お花は長持ちします。

いろいろな形に作れますので、お花に個性を出したい男性はフラワーアレンジメントがおすすめです。

 

4.コップでも飾れるミニブーケをあげる

10センチくらいの小さなブーケであれば、コップに入れて部屋のどこへでも置けますね。

ただミニブーケは値段もお手ごろですから、彼女へ記念日のプレゼントとしてコレだけ・・・ですと、女性としてはちょっとがっかり感がありますので、

あくまでもメインのプレゼントは用意したほうがよいかも知れません。

スポンサードリンク

実家暮らしの彼女にあげる花のオススメは

ここでまた質問です。

彼女の家では、あなたとのお付き合いは公認でしょうか?

彼女のお父さんとあなたは面識がありますか?

もしそうでない場合、実際のところ大きな花束を家に持ち帰って花瓶にどーんと飾るのを

照れくさい
恥ずかしい

と感じる女性もたくさんいまして・・・・

社会人の彼女も実家だと「娘」の顔に戻ってしまうので、彼がいるということを堂々としにくい雰囲気の家庭もあるのですね。
(お付き合いのことを知っていても、です)

そんな理由から、もし事情がよく分からない場合には、

部屋にちょこっと飾れる小さなミニブーケか、箱入りのアレンジメントなどがおすすめです。

 

ホワイトデーや誕生日で彼女にあげる花の選び方

花束には
花瓶つき
吸水剤つき
アレンジメント
ミニブーケ

など、いろいろな種類のギフト用フラワーがあることが分かったところで、花の選び方について解説します。

花屋さんにいくと、あらかじめミニブーケなどは作ってあるはずですので、そこから選んでしまってももちろんよいですが、

お花屋さんはお客さんの希望を聞いた上で、いろいろと提案してくれます。

お客さんが納得するまで、きちんとお話をして花を組み合わせてくれますし、話をしながら希望を固めていくことにも慣れていますから

○ 予算 (これが一番最初に知りたい情報です)

○ 彼女が好きな色、もしくは洋服の雰囲気

○ アレルギーがあるかないか
(特にユリ系はゴージャスですが、人によってはアレルギーがもっとも出やすい花ですので要注意)

を伝えてください。

もちろん、「おまかせ」でも大丈夫ですよ。その場合予算だけ伝えればOKです。

 

彼女に想いを伝えるための花言葉は気にしたほうがいい?

花言葉って国によって違うってご存知でしたでしょうか?

色によってそれぞれ花言葉がついているうえ、言語がかわると花言葉もかわるのです。

たとえばカーネーションは母の日に出回る花として有名ですが、

日本ではカーネーション全体の花言葉が「無垢で深い愛」。

ところが英語では

fascination(魅惑、魅力), love(愛情), distinction(卓越、名声)

など、まったく別の意味がついていたりします。

なので愛というテーマで「好きだよ!」をはっきりと伝えたい場合は、やはり赤いバラが一番率直にメッセージが伝わるでしょう。

花屋さんは「カーネーションだけお願いします」「バラだけお願いします」といわれればもちろんそのように仕上げることはできます。

ですが、季節の花ではない場合かなりお値段が高くなりますので、花言葉を込めたい花をメインにして何本か中心にいれ、おまかせで他の花を足してゴージャス感を出すのがおすすめです。

女性としては、いろんなお花が入ってセンスよくラッピングされているだけで嬉しさが増すものなんですヨ。

その季節に出回っている花を使うことで、予算は同じでも、より大きな花束に仕上げられるというメリットもあります。

 

 

彼女にあげる花の相場は?

ミニブーケですと1000円くらいから買えます。

普通の大きさの花束だと6000円くらいまでをみておけば、たいがいのデザインの希望はかなうはずです。

大きなお花屋さんだと、お花とワイン、お花とキャンディーなど、ホワイトデーのお返し用のギフト商品もセットでいろいろ提案していますので、メインのプレゼントが用意できていない場合は、そういったギフトセットのものを選んでも喜ばれるでしょう。

スポンサードリンク

 

彼女に渡す花束はやはり手渡し?それとも配達?

事情で誕生日やホワイトデー当日に会うことができなければ、配達を頼んでもよいと思います。

電話やオンラインで注文することもできますし、カードにメッセージを代筆して添えてもらえるサービスもありますから、利用してください。

チェック>>
通販でおすすめのお花屋さんは?楽天で人気のショップ口コミ評判

ただやはりせっかくがんばってはじめて買ったお花ですから、あげたときのびっくりした顔を見てみたくありませんか?

彼に会うことを楽しみにしている上、お花を手渡しされたら、彼女の一生の思い出に残りますよ!

花を持って電車に乗るのが恥ずかしい場合には、お店でそのように伝えると、持ち運び用の袋にきちんと入れてくれますので、大丈夫です。

 

まとめ

お花を彼女に贈りたい!というお花初心者の男性向けにいろいろお伝えしました。

受け取る彼女の事情を考えて、それにあわせた花を選ぶことが大切ですね。

生花以外にも、プリザーブドフラワーという、本物のお花を長持ちするように保存加工したお花も大きなお花屋さんでは扱っています。

かれちゃうお花をあげるのに抵抗があれば、プレイザーブドフラワーを選ぶとよいでしょう。

-ホワイトデー