ここならみつかる

生活の役にたつ情報をランダムにお届けしています

カテゴリー

海外旅行

台風でLCCの国内線が欠航!?国際線の乗り継ぎに間に合わないときの振替えは?

飛行機に乗る予定があると、台風発生で行方が不安ですよね。

中でも国内線をLCCでとってあって、乗り継ぎで国際線に乗る予定の人は、時期も時期なので綱渡りのような賭けだったといってもいいかも知れません。

いよいよ台風が上陸するらしいとか

進路がちょうど空港の方面だとか

そういった場合、うかうかしていたら国内線が欠航になるという事態に直面することも考えられますので、いますぐ行動をしはじめたほうがいいでしょう。

ということで今回はLCC国内線から乗り継ぎで国際線というパターンで海外に行く予定の人が、台風が近づいてくる!といったときに国際線に確実に乗るために何ができるかお伝えします。

スポンサードリンク

台風のときのLCCの対応は?

LCCは運賃が安いというのが最大の魅力ですが、欠航しやすい、遅延しやすい、そして自己都合でキャンセルした場合返金がされないなど、たくさんの制約があります。

台風シーズンに国際線に乗り継ぐのにLCCという選択はちょっと無謀だったのかなとも思いますが

今はとにかく国際線に乗ることを目指して行動しなくてはいけませんよね。

別記事で詳しく書きましたが、長距離国際線はめったに欠航しませんから、現段階では国際線は運航するものと思って対処したほうがいいです。

ちなみにLCC国内線ですが、実際に台風で欠航になってしまったときの補償はあります。

手数料なしで同航空会社の他の便への振替え

または

キャンセル料なしでの運賃の返金

ですね。航空会社によって航空券代はポイントで、となっているところもありますから、確認しておきたい人は各航空会社のホームページをチェックしてください。

ほとんどの会社が台風など不可抗力で欠航になった場合、上記の対応がなされるはずですが、他社便への乗り継ぎに関してはいっさい責任がないということで、航空券を別々にとった場合はすべて自分で動かなくてはいけません。


スポンサードリンク

 

台風で国内線が欠航になりそうな場合の選択肢

国内線と国際線のチケットを「通し」で買っていれば、万が一最初の区間の国内線が欠航になった場合、国際線の区間は振替えで対応してもらえるはずです。

でも今回はLCCを単独で購入しているケースですので、国際線の航空会社も乗客が空港まで来られないというだけでは、普通は何もしてくれません。

その厳しい現実を念頭に、いま何ができるか考えてみましょう。

1.もっと前の便か、前日の便にLCCのチケットを変更できないか確認してみる

台風の進路がそれるなり、早めに温帯低気圧に変わってくれるのを見守るというのも一つの手ですが

いま持っているチケットを諸手数料と航空運賃の差額などを払ってでも、早めの便に振り替えてもらえないか交渉してみませんか。

LCCでも、お金はかかりますが自己都合でのチケットの変更はできます。

一日予定を早めるのは大変かも知れませんし、早く国際空港にいく分、そちらでの宿泊代がかかるかもしれませんが、国際線に乗れなくなるよりはダメージが少ないですよね。


2.空席がない場合は

その場合、別会社の国内線を取ることも検討してはいかがでしょうか。

絶対に何が何でも予約してある国際線に乗らなければいけないという理由がある場合、

別会社の国内線を使ってでも早めに行くという選択肢も検討する余地はあると思うのです。

それだったらLCCじゃなくANAやJALを最初からとってよけばよかったと思うかも知れませんが、費用はかかるとしても、少なくとも国際線に乗れないというダメージは回避できますよね。

ただ、あとになってLCCが欠航しなかったとか、逆に国際線も欠航してしまったとかだと相当悔しい思いはしますし、直前の航空券は高いものが多いです。

台風の行方を見て、かなりの確率で欠航しそうだという場合。
どうしても、何が何でも予約した便に乗らなくてはいけないというときには多少の出費も仕方がないかなと思います。

この場合、今購入できるチケットの最安値を見つけてくれるサイトを利用するのがおすすめです。

国内格安航空券予約サイト スカイチケット

このサイトだと出発の1時間前まで予約が可能なのでチェックしてみてくださいね。

ということで、上記はどちらも苦渋の選択で申し訳ないのですが、LCCはそれだけリスクがあるチケットだということで次回もし同じ区間で旅行するのであれば、ANAやJALで、国際線の一部としてスルーのチケットをとるのが無難ですね^^;

スポンサードリンク

台風が理由で国際線も振り替えてもらえる?

国際線も、乗る予定の便が台風で欠航や遅延となった場合には、有効期限はありますが日付を変えての便などに振替という対応をしてくれます。

ただ、現在の問題は国際線そのものが欠航も遅延もしなかった場合に、情状酌量の余地があるかどうかですよね。

LCCが欠航になったため、自分が空港にいけなかった場合、国際線の航空会社の対応はどうなるのか。

これは航空券の種類によって、それから航空会社によって対応がまちまちなので、こうすればよいという答えがないのですが、

とにかく国際線にチェックインができないことが確実になった時点で航空会社に連絡をして、チケットの変更ができるか確認しましょう。手数料は発生しますが、出発前なら変更可能の場合もあります。

何も連絡せずに空港でチェックインしなかったということになると、100%航空券代が戻ってきませんが、台風のような場合、もしかしたら翌日の便に空きがあるなどでしたら、日付変更に応じてくれる可能性もあるかも知れませんので交渉するだけしてみましょう。

まとめ

台風が近づいているときにLCCの国内線に乗る予定の人が、無事国際線に乗り継ぐためにできる対策のおすすめをお伝えしました。

どのような選択をされたとしても、いざというときに慌てないように事前に

航空会社のカスタマーサービスの電話番号や

空港や航空会社のウェッブページやSNSで、最新の情報を受け取れるようにしておく

それから1日早く国際空港に到着した場合を考えて、宿泊先のめぼしをつけておくということもおすすめします。

台風がそれてくれて、空の便に影響しないというのがベストですが、天候ばかりは誰にも予測できませんから、慌てないで先を読んで行動するということがまず重要です。

その上で自分で一番納得のいく方法を選ぶのが一番ですね。

-海外旅行
-,