ここならみつかる

生活の役にたつ情報をランダムにお届けしています

カテゴリー

イベント・お祭り

横浜開港祭の花火の穴場「ポートサイド公園」からは本当に花火見える?行き方は?

6月の横浜の風物詩といえば横浜開港祭の花火ですね。

関東で一番早く観られる花火なので、楽しみにしている人も多いのではありませんか?

今日は、横浜開港祭の花火を見る穴場としてネットで見かける「ポートサイド公園」についてお伝えします。

そこからは本当に花火が見えるのか。実際に現場に行って検証してきましたので、臨港パークは人混みがすごいからということで「ポートサイド公園」から見たい人はチェックしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

横浜開港祭の花火が見られる穴場

横浜開港祭のフィナーレを飾る有名な花火。

2017年は6月3日(土曜日)で、開催時間は午後7時から8時の間の30分の予定です。

(19:20~としているサイトが多いですが、予定ということなので早めに行っておいたほうがいいですね)

横浜開港祭の花火の会場「臨港パーク」は、いわば「湾」の真ん中なので、周りを取り囲む海に面したロケーションであれば、案外いろんなところで花火が見られるはずです。

ちょっと離れていたほうが人混みに巻き込まれずにマイペースで行動できるので、私も行けるのだったら遠くで見る派です。

そのなかで、比較的空いていて穴場とされている「ポートサイド公園」ってちょっと聞いたことないなぁ・・・と思いませんか?

私も今回行くまで知らなかったし、横浜駅から方向がいまいち分からなくて、迷いそうになりました^^;

ということで、実際にこの公園からはちゃんと花火が見えるのか。

そしてこの公園まではどう行くのかということをお伝えしたいと思います。


スポンサードリンク

横浜のポートサイド公園から花火は見られる?

では早速、この公園を地図で見てみましょう。

方向的に、この公園から「インターコンチネンタル」と、「ベイブリッジ」両方が見られればいいのかなと思い、そのスポットを探します。

公園は、マンションの立ち並ぶ住宅街のなかにありました。

海に沿っていますがビーチというわけではなく、横に長い公園で、まず1枚目は海を正面にして左寄りから撮りました。

IMG20170520141057-1152x864

樹木と線路で・・・・見えません。

なので少し右に歩いたところから撮ってみました。

IMG20170520140957-1152x864

まだ線路が邪魔ですね。

IMG20170520141416-1152x864

どちらかというと公園の真ん中より右側のほうがいいのだと気づいて移動しました。IMG20170520141416-1152x864

これなら花火があがったら見えると思います。

さて、この公園なのですが、本当に普通の公園で、昼間地元のマンションの方たちが子供たちを遊ばせるようなこんじんまりした場所です。

そして、花火大会の会場はここからだとやや距離感があることは否めません。

なので臨港パークの「盛り上がり」はここまで伝わってはこないと思います。

だから本当に花火「だけ」を見るという目的でこの公園に行くということだったら良いと思うのですが、

お祭りとしての雰囲気も感じたい、盛り上がりたいという場合は、若干寂しい場所だと思います。

一方、山下公園や、港の見える丘公園など、他の「穴場」であれば、

元から横浜の有名スポットということもあり、花火がたとえ遠くにしか見えなくても、夜景そのものを楽しんだり、雰囲気を楽しんだりで、花火が遠くても他で補えるものはあると思います。

なので、結論としては花火を見るだけなら、まあ十分ということで、それ以上を楽しむならやはり臨港パークや、山下公園側の「穴場」がおすすめかなぁ、と思いました。

 

ポートサイド公園はもはや穴場じゃない?

最近はどの「穴場」も人が多くて、もはや穴場とはいえないないですよね。

実はこちらのポートサイド公園もネットのおかげで年々人が増え、今では「場所取り」が必要になってきているといいます。

なので、臨海パークよりは空いていますが、やはり良い場所で座ってみたい場合には、早めに行って場所取りをすることをオススメします。

 

スポンサードリンク

横浜のポートサイド公園への行き方は?

最寄り駅は「横浜駅」です。

私は渋谷方面からの東横線で行ったのですが、目標である「ベイクォーター」が看板にありません^^;

IMG20170520134204-1152x864

なので駅員さんに聞きました。

ベイクォーターは、「きた東口A」だそうです。

なんで書いてないんでしょうかねw。

しばらくいって、ようやく「ベイクォーター」という標識が出てきますので、そうしたらもう分かります。

IMG20170520134724-1152x864

きた東口Aから直結の歩道橋に昇り、ベイクォーターウォークで大きな道路を渡るとベイクォーターです。

歩道橋はそのままベイクォーターの3階に直結していますので、地図の10番を目指してビルの通路を抜けましょう。

IMG20170520142305-1152x864

するとまた歩道橋に直結しています。

IMG20170520142245-1152x864

右斜め方向に向かって歩いてください。

歩道橋から地上に降りれば、そこからすぐポートサイド公園の入り口です。

横浜駅から徒歩で所要時間は10分ほどです。

ポートサイド公園にはトイレが1ヶ所しかありませんので、ベイクォーターで済ませるのをおすすめします。

コンビニはセブンイレブンがポートサイド公園の真ん中の正面口を出て左方向に1軒あります。

このあたりは本当にもう住宅街(マンション)ですので、他にお店はほとんどありません。

なので食事などを近隣でとりたい人はベイクォーターに戻ってそこで、ということになりますね。

 

まとめ

横浜駅であまり降りることのない筆者が行って、実際ウロウロ結構迷ってしまいました。

ポートサイド公園へはまずベイクォーターをめざし、3階を通り抜けて、反対側の歩道橋を渡るということですね。

横浜開港祭を穴場からみるか、臨港パークで頑張るか? いずれにせよ天気がよくて楽しめるイベントになりますように!

 

横浜開港祭の花火に浴衣、6月だから早い?

-イベント・お祭り
-,