ここならみつかる

生活の役にたつ情報をランダムにお届けしています

カテゴリー

母の日

高齢者のお財布で使いやすいのは?小銭が出しやすいのはどのタイプ?

2017/04/22

昔はできたことが年をとるとだんだんと出来なくなってしまうって本当ですよね。

スーパーのレジでもたつくのがイヤだからとお札で買い物をしがちなお母さん。

お財布が小銭でパンパンになってしまっていませんか?

そんなお母さんには、もっと使いやすい財布をプレゼントして、日々のお買い物を少しでも楽にしてあげたいもの。

今回はお年寄りの立場にたって、使いやすいお財布って何かな~ということをまとました。

誕生日や敬老の日、母の日のプレゼント、特別な記念日に「こんなのを探していたの!」と喜んでもらえるお財布をみつけましょう!

 

 

スポンサードリンク

高齢者むけのお財布でつかいやすいものとは?

お財布にたまる小銭

私の両親も高齢で、老人が日々の生活の中でどんなことに不自由しているのかを目の当たりにしています。

あなたのお母様がご高齢だとしても、自分でお買い物に行ったり外出なされるようだったら、いつまでもそうして自立した生活を無理なく続けてほしいと思いますよね。

そんな中、お母さんのお財布が小銭で重たくなってしまっていたら、もしかしたらお金を出すときもたついてしまわれているのかも知れません。

周りの方に気を遣って、早くレジを済ませるのについお札を出してしまわれているのではないでしょうか。

小銭を出すのが手間取る理由は?

年をとってくるとだんだんと目のトラブルを抱える方も多くなりますが、

そうなるとごちゃごちゃと一緒に入れてある小銭の塊から50円玉だけを探すとか、1円玉を1個ずつ数えるとか、そういった判別がしにくくなってくるようです。

それに加えて手の関節のトラブルも。

関節痛やリューマチだと、指先の細かい作業がしにくい上、痛いということもあります。

手先が震えるなどの症状がある方もいらっしゃいますし、

バッグの内張りとお財布が同色だと、お財布が見えないなど、スムーズにお金が出せなくてお困りになっているかも知れません。

そんなお母さんには少しでもお買い物のストレスが減るような、お財布を捜してあげたいですよね。


スポンサードリンク

小銭が財布から出しやすいデザインは?

お年寄りに限らず、小銭がお財布から出しやすいデザインというのは大切です。

一番出しやすいのは、お財布を開いて、同じ場所に小銭とお札が並んでいるものではないでしょうか。

例えば二つ折りの財布は、小銭とお札を入れるところの向きが違うことが多いですが

それだと、「小銭を出そうとして数えたら足りないから、やっぱりお札で払おう」・・・というシチュエーションで

小銭の部分を閉じてからじゃないとお札が出せません。

また、おつりをお札と小銭で一緒にもらったときなどは、お財布をうまく開けられなくて小銭を落としてしまうということになりかねません。

なので、お母さんにお財布を選ぶときには、必ず一ヶ所に小銭やお札、それからポイントカードやキャッシュカードを入れられるデザインの中で選んであげるのがおすすめです。

 

財布はジッパーかボタンどちらがいい?

高齢者にとって、お財布の開け閉めのしやすさは重大なチェックポイントです。

特に指関節が痛い人は、がま口の「ぱっちん」の固いのありますよね。それがもろ指に響いて痛いはずです。

ただ、そうだからといって、いままでがま口タイプのお財布を使っていた人に、いきなりジッパーやスナップボタンのお財布をプレゼントしても使い勝手が悪くてかえって不自由にさせてしまうかもということを考えると

いままで使っていたお財布の形からさほど逸脱しないような、「使いやすいがま口」を探してあげるのがいいでしょう。

ただがま口の固さばかりは実際に開け閉めをしてみないと分かりませんし、私たちにとっては「緩い」ガマ口でも、お母さんにとっては固かったということもあるため、

実際にお店で試してもらう

自分で買ってみて、大丈夫なようだったらプレゼントする

といったことが必要になるかも知れませんね。

 

ではジッパータイプとスナップボタンで留めるタイプのお財布では、どちらが高齢者にはおすすめなのでしょうか。

ボタン式のお財布も高齢者には案外大変!?

指先が痛くない方なら大丈夫かも知れませんが、関節が痛い人にとって、ホックを押すという動作が「とても痛い」ことがあります。

スナップを最後押して留めるのが甘くなりますから、お財布がかばんの中で開いて小銭がばらばらということにも><。

お年寄りの小銭の出し入れ対策として、小銭の部分が大きく開いて見やすくなるお財布がいいんじゃないかとも思うかも知れません。

こういう感じのお財布です。

このお財布のように小銭が一目で把握できるというのは、ありがたい機能です。

高齢者が使うとしても、これであれば小銭の見やすさという視点ではダントツで、もしもスナップボタンが問題なく留められるのであれば、候補にいれてもいいんじゃないかと思います。

でもスナップも留めにくい人にとっては、小銭部分がしっかり保護できないという危険がありますよね。

ですから、そういうお母さんには、ジッパーということになります。

ジッパーでもフルジッパーとL字型のものがありますが、使用感でのおすすめはL字型です。

フルジッパーはチャックが三辺になるので

お財布の中を見るためには、三辺全部を開かないといけませんが、

L字型の場合、一辺だけ開ければたいがいの出し入れができてしまうという点で見逃せないメリットです。

特に、小銭部分の内チャックがないものはとても見やすいです。

文字通り、お財布を開けると、お札と小銭、それからカード類が一ヶ所にまとまって見られるものですね。

 

スポンサードリンク

高齢者が見やすい色は?

バッグの中でお財布が見えないという事態を防ぐには、お財布を見やすい色にすることである程度解決できますから、色選びは重要です。

加齢によって、実は「見えにくくなる色」というのがあるのですが、ご存知でしたでしょうか?

色覚低下という現象で、

主に

青・紺・青紫の色が見分けにくくなります。

背景が黒、茶・グレーだと、ことに見分けがつききにくくこれらの色がすべて「黒っぽく」見えてしまうのだそうです。

お年寄りが好む色は一般的にピンク、黄緑、オレンジ、水色、明るい青紫、明るめのエメラルドグリーンなどだそうです。

お財布は、毎日何度でも使うものですから、基本的にはお母さんが好きな色を。

そして背景と同色にならないよう、明るめの色合いを選んであげるとよいようです。
 

 
 

まとめ

お年寄りが小銭を出しやすい、使いやすいお財布についてまとめました。

L字型で、一目でお札と小銭とカードが見られるデザインで、中の小銭入れにジッパーがついていないものをおすすめしました。

お母さんが喜んでくれるようなお財布が見つかりますように。

 

 

-母の日
-, , ,