ここならみつかる

生活の役にたつ情報をランダムにお届けしています

カテゴリー

海外旅行

ニュージーランド航空プレミアムエコノミーの機内食、アメニティってどう?

2017/08/24

ニュージーランドに行くときに利用航空会社がニュージーランド航空の人も多いでしょう。

今日は、ニュージーランド航空のプレミアムエコノミー席について、機内食やアメニティなど、どんな感じなのかお伝えします。

エコノミーからアップグレードするかどうか迷っていたり、今度乗る予定でどんな様子か知りたい人は是非お読みください!

スポンサードリンク

ニュージーランド航空のプレミアムエコノミーで機内食は美味しい?

はじめての航空会社だと機内食の質は気になりますよね。

NZ航空のプレミアムエコノミーはどうでしょうか?

NZ航空プレエコ座席最後尾からの写真
ドリームライナー(ボーイング787-9)のプレミアムエコノミーは2-3-2の配置。最後列もリクライニングの角度は同じです。

どの航空会社もプレミアムエコノミー席という上級エコノミークラスの席を設けるようになって久しいですが、航空会社によってサービスや機内食はずいぶんかわってきます。

例えば、席は足元が広くなるなどエコノミーよりは座り心地の点でよくなるものの
食べ物やサービスがほとんどエコノミーとかわらない航空会社もあれば、

座席の座り心地や幅や足元の広さもよくなる上、食べ物やサービスがどちらかというとビジネスクラス寄りで、
次もプレミアムエコノミー席に乗りたくなる航空会社もあります。

ニュージーランド航空は、実は後者になるといってもいいと思います。

食事やサービスについては、確実にビジネスクラスに準じたものが期待できます。

そのなかでも食事は、ほぼビジネスクラスと同じメニューが提供されているんです。


スポンサードリンク

ニュージーランド航空の食事の回数

成田出発便を例にお話しますが、オークランド空港まで実質搭乗している時間は、おおよそ11時間弱で、その間に夕食と朝食が出ます。

夜便なので夕食の後は機内の照明が落とされますが、その間でも、クッキーやバナナ、チョコレートやポテトチップスなどは自由に食べられるようギャリーに用意されています。

 

プレミアムエコノミークラスの夕食

夕食は、スターター→メイン→デザートが提供されます。

トレイの上に、パンを乗せるためのお皿、スターターの載ったお皿、デザートやカテラリーが乗ったものが最初に配られます。
NZ航空プレミアムエコノミー食事

しばらくすると温めたパンを入れたバスケットを乗務員が持ってきて、何のパンか説明してくれるので、好きなパンを何個でもいただけます。上記はガーリックブレッドです。サワーブレッドと丸っこい小さなパンが選べるようになっていました。

スターターはサーモンだったり、チキンだったりで季節によってかわります。

スターターが終わるころ、乗務員がメインを何にするか一人ひとり聞いてまわり、温めた順でひとり分ずつギャリーから持ってきます。

ビジネスクラスのほうも、同じような手順で食事が配られていますので、プレミアムエコノミーといえども、サービスはビジネスよりだということが、ここからもうかがえますね。

メインのチョイスは

お肉
チキン
魚(和食が多い)
です。

デザートはすでにトレイに乗っていますので、お食事はメインが配られたら終了になります。

【ビーフ】
ニュージーランド航空プレミアムエコノミー食事

【チキン】

NZ航空プレエコ食事チキン

【和食】
ニュージーランド航空プレミアムエコノミー食事

20150919072809ad7

※和食はあたりハズレがあります。

 

ドリンク類の提供

水平飛行に入ったあと、ドリンクはいつでも自由に頼めます。

ワインやカクテルなど、パーソナルスクリーンの画面でもオーダーできますし、乗務員に頼んでも持ってきてくれます。

ニュージーランド航空の出すワインは、高度と乾燥という機内の特殊な環境で飲むことを考慮してソムリエが厳選したものだそうです。

ワイン好きの人にはとても好評ですよ。
(筆者は残念ながらお酒が飲めませんので・・・)

 

プレミアムエコノミーの食事の味は?

体調にもよりますし、また飛行機そのもの(機材)によっても味覚が変わるので個人的な意見になりますが

「飛行機で食べる食事にしては美味しい」です。

(現在ニュージーランド航空が日本便に使用しているのはボーイング787-9ドリームライナーと777-200です。787-9のほうが食事が美味しく感じられます)

 

朝食は?

着陸の2時間前くらいから朝食のサービスがはじまります。

最初にフルーツサラダ、続いてシリアル、メインと続きます。

メインは、スクランブルエッグなどの卵類とソーセージ
または
ホットケーキ(ベルギーワッフルのようなもの)のチョイスです。

スポンサードリンク

帰りの便の食事の回数

オークランドから成田への帰りの便でも食事は2回ですが、こちらは昼間便です。

朝食のあと、午後の夕食までの間におやつが提供されます。

チキンやサーモンのサンドイッチと数種類のスィーツを好きなだけいただけます。

余ってしまうようで、おかわりはどうかと何度か聞いてきます。

こちらのサンドイッチがなかなか美味しいのですが、うっかり食べ過ぎるとお腹がいっぱいで夕食が食べられなくなりますので注意してくださいねw。

NZ航空プレミアムエコノミー復路便のおやつ

 

ニュージーランド航空のプレミアムエコノミーでアメニティは何がもらえる?

機内で配られるもの

ノイズキャンセリング ヘッドホン

ひざ掛け毛布

それから消耗品では、

スリッパ

お水のペットボトル(足りなくなれば2本目~持ってきてくれます)

アメニティーキットがもらえます。

【アメニティーキットの中身】

アイマスク・耳栓・歯ブラシと歯磨き粉、リップクリーム、ボールペン、靴下
20170122_072102-512x288

 

ニュージーランド航空プレミアムエコノミーのチケットでラウンジ利用はできる?

NZ航空はスターアライアンスのメンバーですので、スターアラアンスのゴールドステータスを持っていれば、成田空港のANAのビジネスラウンジ、オークランド空港ではKORUラウンジが利用できます。
(成田空港ではユナイテッドのラウンジも使えるようですが筆者は利用したことがありません)

それ以外の場合、プレミアムエコノミーチケットではラウンジ利用はできません。

 

まとめ

ニュージーランド航空のプレミアムエコノミー席での食事やアメニティについてお伝えしました。

フレンドリーさに定評がありますし、プレエコとしてはかなりビジネスクラスに近いサービスを受けられるので、楽しみにしていてくださいね。

 

-海外旅行
-,