ここならみつかる

生活の役にたつ情報をランダムにお届けしています

カテゴリー

レビュー

OPPO R9s のレビュー!サンプル画像と着信音

2017/09/22

 

「OPPO R9s」(海外SIMフリースマホ)は、前記事でご紹介したように、高性能なカメラが搭載されています。

今回はそのカメラで実際に撮ったサンプル画像などをご紹介します。

海外simフリースマホに興味があったり、海外在住で買い替えを考えている人は是非チェックしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

OPPO R9s のレビュー!サンプル画像

以前まで低スペックのスマホ (Galaxy J2)で不便に感じていたことは

 

1.カメラを立ち上げるのに数秒かかる
(ロック解除をしてからカメラアプリを立ち上げるため)

2.オートフォーカスが定まらず、被写体にピントを合わせるまでに時間がかかる

3.画質が悪い

でした。

今回oppo R9sを使ってみて、これらがすべて一気に解決した感じで非常に満足しています。

 

ではoppo R9sのカメラスペックです。

メインカメラ : 1600万画素 (IMX398) F1.7

前面カメラ : 1600万画素 F2.0

前面カメラでこれだけの画素数。セルフィもきれいに撮れます。


スポンサードリンク

 

カメラを立ち上げるまでの時間は1秒かからない

カメラアプリを立ち上げる時間が、このスマホでは1秒もかからないというとんでもない速さでびっくりしました。

それはR9sの指紋認証の精度です。

指によって、センサーをタッチしたときにロック解除のあとすぐ起動させるアプリを指定できるので、

親指はロック解除後にホームスクリーンへ。人差し指はChromeを立ち上げ、中指でカメラを起動するように設定しました。

これが100発100中で、中指でセンサーに軽くタッチするだけでカメラがぱっと開くのです。

このおかげで、前の機種で感じていたアプリ立ち上げまでのもたつく時間が一気になくなり、カメラがぐんと使いやすくなりました。

 

撮影機能

Screenshot_2017-04-26-21-06-56-67

撮影機能には、6つのメニューがあります。

「標準」を使ってまずは撮影。写真をクリックしていただくと、大きな写真が開きます。

ここにアップロードした写真は原本ではなく、ウェッブページ用に縮小したものですが、それでもかなり鮮明に写っている事がわかると思います。

画面を一回タップするとフォーカスが瞬間的に決まります。
 

IMG20170427113847-1152x864

 

では夜間にフラッシュをたいて撮影してみるとどうなるでしょうか。

IMG20170427194518-1152x864

 

また、撮影オプションには、「二重露出」という機能があって、これがどういうことができるかというと、例えば

この写真IMG20170427113051-1152x864

これを撮影したあと、そのまま次の被写体を写します。

IMG20170427115014-1152x864

そうすると、二つの被写体が重なった写真ができるのです。

IMG20170427113008-1152x864

なかなか面白い写真になりました。

 

Oppo R9sのビデオで撮影した映像

Oppo R9sビデオの画質は、3段階の設定で、HD 720p フルHD1080p、UHD4Kの3設定です。

【4Kで撮影したサンプル映像・夜間室内の白熱灯のみの照明で撮影】

最初は暗い映像が徐々に明るくなっていきますが、部屋のライトをつけたわけでもなく、自動的に明るさを調整しているようです。


スポンサードリンク

OPPO R9sの着信メロディーとアラート音

(GalaxyJ2で撮影したので画質は悪いです)

 
【アラート音】


 

【着信メロディー】

スポンサードリンク

まとめ

二回にわたりOPPO R9sのレビューをお届けしました。

筆者の総合的な評価は、10点中9点です。

OPPO R9sは、一般ユーザーには十分なほどの機能を備えていると思います。

インターフェースも他の機種とは若干動作が違いますが、デザインが直感的に作られているため、
マニュアルなしでもほぼ何がどこにあるか分かります。

OPPO R9sレビュー前半の記事はこちらです
 

-レビュー
-